ACTIVITIES







Fish!の環境保護活動について

私は昔の琵琶湖を知らない。
知っていても、せいぜい30年前ぐらい。

琵琶湖を取り巻く環境は、昔と今では大きく変わっている。
しかし大切なのは、過去にとらわれ過ぎずに、これからの未来をどうしていくかだと思う。

未来は現状より、綺麗で豊かな琵琶湖であってほしい。

その水辺で、これからもずっと気持ち良く魚釣りがしたい。
そう強く願います。



きっかけ

当店の近くに葉山川という河川があります。
Fish!がオープンした頃、河口付近で釣りをしていた時に大量のゴミ(レジ袋やペットボトル)が散乱している状況に衝撃を受けました。



清掃活動

私達が大好きな魚釣りは糸や針を使って自然の中で遊ぶので、少なからず環境に負荷をかけてしまいます。
そこで、今出来ることからと考え、『淡海を守る釣り人の会』の清掃活動などに協力しています。






環境保全活動

当店では、環境省が推進している『プラスチック・スマート』に取り組んでいます。
お買い物時のレジ袋の使用をなくし、マイバッグやエコバッグの持参をお願いしています。
また、メーカーとのコラボエコバッグを販売し、売上の一部を環境保全活動に寄付しています。

清掃活動や環境保全活動は、今後も継続していきたいと思います。

淡海を守る釣り人の会 代表 木村 建太氏(右)と株式会社DRT代表 白川 友也氏(中央)と私






【DRTエコバッグ】





DRT社竿袋の端材を使用。
製作はNEW CURRENT WORKS(福祉作業所)に依頼しています。

これからも、大好きな琵琶湖がいつまでも綺麗で、
その素晴らしい環境で釣りを思いっきり楽しめるように、
Fish!としてできることをしていきます。




...back